事業内容

私たちはこれまでの実績と自信と誇りをもとに、更に挑戦をし続けます。冷たい鉄に私たちの熱い情熱を吹き込んでまいります。

多様化するお客様のニーズに対応する高度な加工を行なっております。
作り出す製品は、九州全域から広島に至るまで、サービスと信頼のネットワークによって送り出されています。
お客様のさらなる満足度を向上させるべく、社員教育・安全品質管理体制強化、及びあくなき設備改善を引きつづき続けていきます。
それがコイルセンターパイオニアとしての自信と誇りでもあります。


(本社工場)大割ライン


設備仕様


大割ラインは、前面コイルの自動挿入・丸刃半自動組み込み・セパレータ自動セット等、作業効率化設備を装備した、鋼帯縦割条物加工対応のスリットラインです。
ラインには、鋼板の表面疵検査可能な設備も整え、品質保証体制も充実しています。2交代操業でグループ員一丸となって励んでいます。



(本社工場)小割ライン


設備仕様


大割ライン同様、鋼帯の縦割条物加工の対応スリットラインです。
大割ラインより巾狭スリット可能なラインで、主に鋼帯の結束用バンドのスリット加工を行っています。
2名で息の合った作業を行っています。



(本社工場)レベラーライン


設備仕様


鋼帯の剪断ラインです。形状矯正用の高精度な6Hiロールタイプのレベラー設備を装備しています。
お客様の用途から厳しい、長さ切断精度・対角線精度を要求されますが、充分対応できるラインです。
常昼操業で楽しい雰囲気の職場です。



(構内工場)スリッターライン


設備仕様


本社工場の大割ラインと同等の機能を備えたラインです。
日本製鉄戸畑地区の構内に設置されています。メインの自動車部品用の高硬度ハイカーボン鋼帯を精整する唯一のラインです。
職場は四組三交代で連続操業を行っています。若いグループで活気に溢れています。



防錆事業


錆相談室 ホームページへ


防錆フィルムや防錆スプレーを直接対象物に使用する「製品防錆」と結露発生を予測し、事前に警報で知らせる「露助(つゆすけ)」を活用した「環境防錆」があります。
防錆フィルム・防錆スプレー・露助共いずれも自社開発商品です。
特に錆シーズンには多忙を極めます。



事業内容