ユーザーからの多種多様なニーズにもきめ細やかに対応しながら、私たち不動鋼板は最新・最適更に、最短なシステムでお客様のご要望に応えてまいりました。そして、今日までの経験と実績を持って主要なお取引先に対して、長い間信頼をいただいていると自負するところであり、社員一人、ひとりの誇りでもあります。
経営理念でも唱っております「高品質・低コストの実現」を不変理念とし、過去の実績に安座することなく、今後とも技術の向上と、生産、販売、流通の一貫した総合管理システムの充実まで、ソフト・ハードの両面で更なる研鑽に励んでおります。
また、不動鋼板の未来を託す、より高度な専門知識を備えた営業マンを始め、企業存続の源でもある人材教育にも積極的に取り組んでおります。
IT革命もすでに定着したとはいえ、未だ世界経済の目まぐるしい変化と共にニーズの転換、技術革新など、21世紀鋼板時代に益々新次元の課題に直面するばかりです。
私たち不動鋼板は、企業を支える社員一人、ひとりの更なる決意のもと、次世代のオピニオンリーダを目指し、挑戦を続けてまいります。
1.小さくとも一流会社を目指そう。その道の一流たれ。
1.基本をふまえて先端を走ろう。
1.個性的であれ。
  そして思いやりのある組織人(和衷共同)たれ。
当社は昭和31年に創業開始以来、鉄鋼メーカーとユーザーの中間にあって、 高精度なスリット・レベラー技術を中心とする加工技術の研鑽に努め、 薄板コイルセンターとして常に需要家の皆様のニーズに応えて高品質の製品を供給しています。
新日鐵住金の各主要製鐵所に立地した事業所各所では薄板、メッキ製品の販売 と加工作業を進めており、電機、自動車、産業機械メーカーから品質や納期等、一貫したサービスの提供で絶大な信頼を得ています。
八幡製鐵所の薄板コイルの受託加工部門はスリット作業、寸法公差の厳格注文のトリム作業等、当社ならではの設備と技術を 生かし、八幡製鐵所の薄板生産の安定操業に貢献。更に、平成元年には新日鐵住金の要請により、HI−Cのスリッター作業・梱包の受託を開始し、 今ではステンレストリム作業も含め、他社にない高度な技術と納期の確保、品質管理の強化等で評価を受けています。
当社では昨今の需要の変化に対応して事業の多角化も進めており、鋼材の防錆に関する新技術の開発や薄板加工二次加工品 の新商品化等、新しい分野へも積極的に取り組んでいます。
高度成長期のリーディングストーリーとして目をみはる発展をとげたわが国の鉄鋼業は、1973年度の鉄鋼生産量1億2000万トンをピークとし世界最大の鉄鋼輸出国「世界の鉄鋼供給基地」として君臨してまいりました。
しかし、時代の流れと共にオイルショック、大幅円高など世界経済市場も目まぐるしく変化し、業界を取り巻く今日の状況においても、長く厳しい低迷の時代を迎えております。鉄鋼業界も量的拡大から産業構造の変化に伴い、多様化するニーズに俊敏かつ繊細に応えられる「品質本位」時代の真っ只中にあるといえるでしょう。
私たち不動鋼板は今こそ、社員一人、ひとりが強い意志と独自の発想力で企業発展に専念し、しいては地域社会の発展に貢献する絶好のチャンスだと考えます。昭和31年の創業以来、鉄鋼メーカーとユーザーとの間で高精度の加工技術研鑽により、お客様の高いニーズにも応えてきたという実績・自信・誇りのもと、社員との熱い想いを込めて、更に商品に命を吹き込む時だと思っております。
そして、これまで以上に品質・技術・納期面での充実と高付加価値製品の供給に社員一人、ひとりの熱い情熱を持って邁進してまいります。
                                                 代表取締役 高橋 利明
© 2006-2015 不動鋼板工業株式会社 All rights reserved